2021年 F1開幕

新型コロナの影響があるものの、今年も F1 グランプリも開幕されました。例年、アルバートパークで行われるオーストラリアGPが開幕戦となりますが、新型コロナの関係でオーストラリアGPの開催が11月に変更され、バーレーンGPが開幕戦となりました。

新型コロナの関係で開発費を削減すべく「新規車両の開発は禁止。原則、前年モデル」となるなか、開幕前のテスト走行では、「レッドブルホンダ有利!」との下馬評でした。

フリー走行&予選と、レッドブルホンダ有利の状況は変わらず、フェルスタッペンがPP獲得。そのまま、開幕戦優勝となるかと思いきや、そこはレース。タイヤ戦略で一歩抜きん出たメルセデスAMGのハミルトンが優勝。フェルスタッペンは2位でした。

残念だったのは、物議を醸し出したターン4でのオーバーテイク。あれが、もう半周先のコーナーで仕掛けていたら、どうなったのか・・・。レースにタラレバはないですからね。

いずれにしろ「メルセデスAMGの1&2。フェルスタッペン3位」の構図は変化しそう。今年は例年になくF1が楽しめそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント